安心の構造で安心・快適な住まい

 

住まいの基本性能には、そこに暮らす人の命や財産を災害から守り、
長期に渡り健康で豊かな生活を送れる信頼性の高い技術が必要です。
耐震性にこだわり、「在来工法+ パネル工法」のハイブリッド工法により、

地震に強い家をご提供しています。

​ベタ基礎

地震に強く長持ちする頑丈な基礎

建物がその耐久性や耐震性を余すことなく発揮するためには、
その土台となる基礎がしっかりしていなければなりません。
住まいの基本性能を支える大切な土台として、基礎や地盤に対しても妥協のない取り組みを実施しています。

地震が発生すると、柱を基礎から引き抜こうとする「引抜き力」が働きます。

当社では1邸ずつ地震時にかかる柱の引抜き力を計算し、柱に必要な金物を配置します。

大きな引抜き力がかかる大事な箇所には、ホールダウンアンカーボルトを基礎から設置して一体化。強固な抵抗力を発揮します。

また、基礎コンクリート内に入る鉄筋も鉄筋径、鉄筋配置ピッチを密にし、より強靭な基礎仕様にしており、入念な施工を行っています。

ハイブリッド工法

設計自由度や可変性に優れた在来工法に、地震に強く変形しにくい2×4工法を加えた

ハイブリッド工法

すべてのお客様に「安心して永く住み継がれる家」をお届けするために、構造(工法)をはじめ使用される材料のひとつひとつを厳選しています。従来から伝えられてきた木造住宅の良さを生かしながら新しい技術を取り入れ、強さと耐久性を兼ね備えた新たな工法を確立しています。
家は消耗品ではなく資産であるとの思いから、基礎から土台・柱・梁、外壁や屋根まで家全体が永く良好な状態で保たれるための工夫と、維持・メンテナンスのしやすさも考慮した家づくりを行っています。

Copyright (c) 2016-2018 KOUKEN All Rights Reserved. | 広島 注文住宅 工務店

住所 : 〒733-0843

    広島市西区井口鈴が台2丁目5-18

電話 : 082-208-2444

営業エリア  広島 : 広島市、呉市、東広島市、   山口 : 岩国市、柳井市、周防大島、

            廿日市市、大竹市            熊毛郡